浜松の輸入住宅のメリットとは

静岡県浜松市は、ウナギの養殖が盛んなところです。また浜名湖があることから観光地としても知られています。



温泉があることも見逃せないでしょう。そんな浜松市で輸入住宅が少しずつ増えてきています。もちろん浜松市だけ増えているわけではありませんか、昔に比べると西洋風の住宅が増えたイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

特にここ10年ぐらいで大幅に輸入住宅が増えてきました。
では輸入住宅とはどのような住宅なのでしょうか。

その特徴を一言で言うと、建物も形もそうですが、なんといっても見た目がおしゃれなことです。
見た目のおしゃれさにひかれて、住宅を建築する人も少なくありません。



また輸入という名前が付いてる通り、木材などは海外から取り寄せています。つくりについては日本の従来工法と違いツーバイフォー工法になります。


ツーバイフォー工法とは、2インチ×4インチの柱をたくさん使った工法で、そこにパネル状の壁をかぶせたものになります。


ツーバイフォー工法の特徴はなんといっても地震に強いことです。
地震に強い秘けつは、壁だけでなく柱も同時に住宅を支えているからです。



地震の多い日本ではぴったりの工法ともいえます。

ただしこの工法の場合は、リフォームしにくいのが問題点になります。
輸入住宅のメリットといえばアメリカンスタイルやヨーロッパスタイル、プロヴァンス風などのかわいらしくおしゃれな家に住むことができることです。