浜松の輸入住宅についてしておこう

浜松は静岡県の西部にある市町村の一つになります。浜松は浜名湖が有名で、ウナギの養殖地としても知られています。



そんな浜松では、最近様々な住宅が建築されていますが、日本の住宅だけでなく西洋風の住宅、つまり輸入住宅が注目を浴びている地域でもあります。輸入住宅は、戦後日本に入ってきた住宅になります。
主に北欧の住宅がベースになっているものや、ヨーロッパの北の方、スウェーデンなどがベースになっている住宅が多いのが特徴です。



輸入住宅の多くは寒い地方の住宅になります。

ですので、住宅の中で優れたものといえばやはり断熱性ではないでしょうか。

断熱性とは、室内の温度を外に出さないようにするもので、寒い地域は寒い地方では断熱性の優れた住宅ほど住みやすい住宅と言われています。断熱性が優れていることにより、室内の空気が外に出ることを妨げるのです。

そうすると、仮に暖房を消したとしてもそれほど寒くはなりません。
もちろん時間が経過すれば寒くなりますか、断熱性についてそれほど考慮されていない住宅に比べると、格段に長持ちするのです。

そうすると、結果的にガス代や電気代が安くなることがわかるでしょう。


浜松の冬も寒いですが、輸入住宅を利用することによって温かい空間を維持することができます。



一方で、その工法についてはツーバイフォー工法が一般的です。

この工法は、地震に強い工法で日本の都市にはぴったりですが、リフォームしにくいという欠点があります。